[PR]

 将棋の三浦弘行九段(42)に対して将棋ソフトによる不正の疑いが指摘されている問題で、日本将棋連盟(会長・谷川浩司九段)は21日、所属の棋士、女流棋士たちに対する説明会を東京都渋谷区の将棋会館で開いた。

 説明会は非公開で、竜王戦の挑戦者が交代したことや、三浦九段を出場停止処分にした経緯などについて谷川会長らが説明し、約2時間で終了した。出席者によると、連盟の対応に理解を示す意見がある一方、三浦九段を擁護する声も上がったという。

 佐藤天彦名人(28)、羽生善治三冠(46)、郷田真隆王将(45)ら約100人が顔をそろえ、関西将棋会館(大阪市)に集まった約40人もテレビ会議を通じて出席した。三浦九段に不正の疑いがあることを指摘した渡辺明竜王(32)は、対局のため欠席した。

 竜王戦の挑戦者決定戦で三浦九段と対戦し、繰り上がりで挑戦者になった丸山忠久九段(46)は「三浦九段との対局で不審に思うことはなかった。一連の経緯には今も疑問が残っている。七番勝負の対局には、全力を尽くしたい」と話した。(村瀬信也、佐藤美鈴)