[PR]

 鳥取県によると、湯梨浜町で家屋が倒壊しているという情報がある。

 倉吉市では市庁舎が損傷し、職員が避難。市庁舎に立ち入れない状態になっているという。また、鳥取市でショッピングセンターでやけどをした人が1人出ている。エレベーター内への閉じ込めも鳥取市と倉吉市で各1件発生し、現在救助中という。

     ◇

 震度6弱を観測した鳥取県倉吉市の総務課によると、午後3時25分時点で「屋根瓦が落ちた」という情報はあるが、けが人や火災、家屋倒壊の情報は寄せられていないという。一方、市役所の本庁舎は複数の窓ガラスが割れるなど被害が出たため、職員は電話対応をする職員をのぞき、原則として庁舎外に避難しているという。

     ◇

 鳥取県三朝町によると、同県倉吉市から三朝町へ通じる道路が落石のため、通行止めになっており、町職員が被害状況を確認している。役場近くには、屋根がずれている家もあるという。

     ◇

 最も大きい震度6弱を観測した鳥取県湯梨浜町の東郷温泉にある中国庭園「燕趙園(えんちょうえん)」の職員は、地震直後の朝日新聞の電話取材に「壁についている装飾の瓦や塀が崩れたりした。いまのところ建物が崩れるなどの被害は確認していない」と話した。園内には観光客が10人ほどいたが、避難させたという。

 同温泉の老舗温泉旅館「養生館」の従業員は「いま停電している。色々と壊れているようだが、よく分からない」と話した。

 同県倉吉市でビジネス旅館を経営している女性(61)は、すぐに外の広場に逃げだした。午後3時現在、広場には近所の住民ら約10人が身を寄せているという。電気も止まり、一時は近くの信号機も消えていた。ホテル内は食器棚などが倒れ、壁に亀裂が入っているという。周辺でも数棟で屋根瓦が落下しているという。女性は「あー、怖い」という叫び声をあげた。

 ツイッターには、倉吉市内の観光名所となっている白壁土蔵群で壁がはがれる被害などがでているようだ。

     ◇

 北栄町によると、地震の影響で住宅2戸が倒壊。町内の老人保健施設で物が倒れて2人がけがをし、こども園ではいすから落ちた園児の頭にこぶができた。午後4時現在、町営住宅の屋根がめくれたほか、瓦が落ちたり、ブロック塀やタイル壁が崩れたりするなどの被害が報告されている。北条中と大栄中に避難所を開設し、福祉避難所2カ所を開いている。