第64回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の職場・一般の部が30日、金沢市で開かれ、関西代表の創価学会関西吹奏楽団は3年連続の金賞に輝いた。

 自由曲は高昌帥作曲の「協奏曲」。昨年も高の作品を選んでいる。楽団長の吉村陽一さん(36)は「高先生は重厚な作品が多い。楽団員が全員男性なので、自分たちの特色を生かせると思い選曲した。家族ら陰で支えてくれた人たちに感謝したい」と話した。

 テンポが速く、技術的に苦労したという。指揮者の伊勢敏之さん(46)は「練習では出せなかった音の表情や深さを出せたと思う。頑張ってきた力を出し切れた」と喜んだ。