[PR]

 将棋の三浦弘行九段(42)に対して将棋ソフトによる不正の疑いが指摘されている問題で、羽生善治三冠(46)は21日の対局後、「(不正の有無について)きちんと専門家の方に入っていただいて、公正な調査をするのが良い」と話した。

 日本将棋連盟(会長・谷川浩司九段)はこの日開いた所属棋士への説明会で、顧問弁護士らの調査委員会が三浦九段のパソコンなどを調べることを報告。羽生三冠は今後、調査の成り行きを見守るとし、「ファンの皆さんを失望させないように、棋士一同頑張らないといけない」と話した。

 羽生三冠はこの日、第2期叡王戦(ドワンゴ主催)の本戦トーナメントで稲葉陽(あきら)八段(28)に勝ち、準決勝に進出。ソフトとの戦いを賭けた決勝三番勝負進出まで、あと1勝としている。(村瀬信也