[PR]

 第64回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の中学の部が22日、名古屋国際会議場(名古屋市)で開かれ、道代表2校の札幌啓明は前半の部で銀賞、北斗上磯は後半の部で金賞に輝いた。23日は高校の部があり、道代表の札幌日大と東海大札幌が出場する。

 2年連続3回目の出場の北斗上磯。過去2回も「金」で、全日本ではすべて「ゴールド」を今年も果たした。自由曲は「華麗なる舞曲」。細かい音の連続でテンポが速く、全てのパートが指や腕を動かし続けなければならない難曲だ。腱鞘炎(けんしょうえん)になる生徒たちも出たが腕に湿布を貼るなどして練習を続けた。

 成果を披露した晴れの舞台。演奏が終了した一瞬の静寂の直後、歓声と盛大な拍手がわき起こった。

 金賞の結果に、昨年も出場した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら