[PR]

 富士通は27日、不振が続くパソコン(PC)事業について、世界最大手の中国レノボ・グループと提携に向けた交渉を進めていると正式に発表した。今後は企業や官公庁向けのIT関連サービスに注力し、事業の選択と集中を進めて収益力を高めていく考えだ。

 田中達也社長は27日の経営方針説明会で、レノボとの提携について「世界的に強いところと組むことで、富士通のPC事業もより強くできる」と語った。

 両社はレノボが過半を出資する合弁会社を設立し、富士通のブランド「FMV」や島根、福島の工場を維持する方向で調整している。日本政策投資銀行からの出資も検討されている。

 田中社長は今後、「強い事業に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも