[PR]

 旧神岡鉄道の廃線跡をマウンテンバイクで走る「レールマウンテンバイク・ガッタンゴー」(飛驒市神岡町)が、今年の「産業観光まちづくり大賞」金賞に選ばれ、27日に授賞式があった。開業10年目で、全国的にも注目されるガッタンゴー。一層の快走につながる区間延伸の動きも具体的になってきた。

 ガッタンゴーは2006年に廃止された旧神岡鉄道のうち、奥飛驒温泉口―神岡鉱山前駅間の2・9キロを往復する。自転車で線路上をガタンゴトンと音を立てて走る楽しさや山あいの風景が人気を呼び、昨年の利用者は約4万2千人と過去最多に。テレビドラマにもなり、最近は香港など海外客が目立つようになった。

 日本観光振興協会などが主催する同大賞は、産業遺産や工場を活用した「産業観光」の取り組みで「他地域の模範になる事例を表彰する」もの。ガッタンゴーについては「鉄道の遺構を町並みの一部として、まったく新しいレジャーを生んだ」点が評価され、大分県日田市で授賞式があった。

 運営に携わる「NPO法人神岡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら