[PR]

 山梨県内で販売されたマグロの缶詰に、虫が混入していたことが27日、分かった。メーカーのはごろもフーズ(静岡市)によると、「シーチキンLフレーク」を購入した客から13日に、販売したスーパー経由で連絡を受けた。虫は体長約15ミリのゴキブリ。同社は工場で混入した可能性が高いとして、購入者に謝罪した。製造から1年10カ月経過しており、同様の訴えがないことなどから商品の製品回収などはしない。経営企画室は「製造ラインの再検査と社員指導の徹底、工場間で情報の共有を図り、全社を挙げて再発防止に努めます」と述べた。