[PR]

 沖縄県東村(ひがしそん)高江の米軍ヘリパッド建設現場付近で、大阪府警の機動隊員が「土人」「シナ人」と発言した問題で、沖縄県議会は28日、「県民に対する侮辱」だとして抗議する意見書案を賛成多数で可決した。県政野党の自民は反対し、全会一致にはならなかった。

 翁長雄志(おながたけし)知事を支持する県政与党と中立会派の公明、維新が賛成した。意見書は国家公安委員長、警察庁長官宛てで、発言は「県民の心に癒やしがたい深い傷を与えた」と批判し、再発防止を求めた。沖縄県公安委員長と県警本部長に宛てた同様の決議も可決した。

 一方、野党の自民会派は「発言は不穏当だが、県民に向けられたものではなく、県民への差別発言でもない」として反対。「不穏当発言の再発防止の徹底」を求める別の意見書案を提出したが、午後の審議で否決される見通し。(吉田拓史)