[PR]

 11月8日投開票の米大統領選で、期日前投票が各地で始まった。近年は、投票者の3割以上が投開票日を待たずに一票を投じる。このため、両陣営も集会などで支持者に早期の投票を呼びかけるなど、対策に力を入れている。

 「早く投票して、いますぐ投票して。ここから出て、投票に行って」。27日、ノースカロライナ州ウィンストンセーラムで民主党のクリントン氏(69)と一緒に集会に参加したミシェル・オバマ大統領夫人(52)が支持者に向けて、期日前投票を呼びかけた。

 同州は接戦州の一つで、26日に同州キンストンで集会を開いた共和党のトランプ氏(70)も演説で支持者に直接、早期投票を呼びかけた。

 期日前投票に詳しい、フロリダ大のマイケル・マクドナルド准教授のハフィントン・ポストへの寄稿によると、フロリダ州やネバダ州、コロラド州などの接戦州でも期日前投票が盛んで、全体の票の3分の2以上が事前に投じられている。陣営はすでに投票を済ませた支持者を把握し、まだ投票していない人を特定して票の掘り起こしを行うなど、投票率の上昇にもつながっているという。

 ただ、現場では混乱もみられる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら