[PR]

 プロ野球のSMBC日本シリーズは29日、マツダスタジアムで第6戦があり、パ・リーグ1位の日本ハムがセ・リーグ1位の広島を10―4で破って通算4勝2敗とし、10年ぶり3度目(東映時代の1度を含む)の日本一に輝いた。

 日本ハムは敵地で2連敗した後、本拠・札幌に戻った第3戦から息を吹き返し、4連勝。この日は、同点の八回2死満塁から、中田が押し出し四球を選び、レアードが満塁本塁打を放つなど大量6点を奪って勝ち越した。栗山監督は、就任5年目で初めてチームを日本一に導いた。最高殊勲選手(MVP)には、日本ハムのレアードが選ばれた。

こんなニュースも