[PR]

 ポッカサッポロフード&ビバレッジ(名古屋市)は29日、商品の一部で基準値を超える発がん性物質の臭素酸が検出されたとして、ミネラルウォーター「富士山麓(さんろく)のきれいな水」と「富士山の清らかな水」の2リットル入りペットボトル計約746万7千本を回収すると発表した。

 山梨県が、委託先の富士ピュア(山梨県西桂町)が製造した「富士山麓のきれいな水」に、食品衛生法で定める基準値の2倍の臭素酸が検出されたとして、28日に回収を命じていた。ポッカサッポロは、「きれいな水」と同じ工場で製造され、賞味期限が来ていないすべての商品を回収するという。

 問い合わせはポッカサッポロお客様相談室(0120・706・007)。平日午前9時~午後5時。29、30両日も受け付ける。