[PR]

 日本野鳥の会は1日、苫小牧市の苫小牧東部開発地域(苫東)で、今年もタンチョウを含む7種の希少鳥類を確認したと発表した。タンチョウの確認は4年連続で、同会は「苫東がタンチョウの繁殖地になる可能性がますます高まった」と期待している。

 今年の調査も4~8月に実施。タンチョウは4~5月に成鳥2羽が弁天沼周辺で確認された。初めて成鳥2羽の飛来が確認されたのは2013年で、14年は若鳥1羽、昨年は成鳥と若鳥の2羽が確認されている。

 絶滅危惧ⅠB類のシマクイナ、アカモズ、チュウヒ、絶滅危惧Ⅱ類のオジロワシなども昨年同様に確認した。

 道は一昨年、弁天沼周辺を含む…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら