[PR]

 日本銀行の異次元緩和が迷路をさまよい始めた。「2%のインフレ目標」の達成時期は、当初目指した2年間を大幅に超え、ついに黒田東彦(はるひこ)総裁の任期5年間も超えることを、日銀自身が1日初めて認めた。

 ところが黒田総裁は同日の記者会見で、「失敗」や「敗北」とは認めずじまいだった。ただ一度だけ「2%を実現できないのは残念ではあるが……」と述べただけだ。

 黒田総裁は、インフレ目標が達成できないのは、原油価格の下落や新興国経済の不調、消費増税の影響など金融政策以外の外部要因によるという。自らには責任はないかのごとき説明だ。「いまの政策を続ければ目標達成は十分可能」という旗もおろしていない。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら