[PR]

 一年納めの大相撲九州場所(福岡市)を前に、準備が大詰めを迎えている。力士に安眠を届けようと、貸布団業者も大忙しだ。

 10月下旬、寝具リースを手がける小山(本社・奈良市)のトラックが、荷台いっぱいに布団を積み込んで福岡市内の倉庫を出発した。相撲部屋の宿舎では、先発隊として福岡入りして準備にあたる若手力士が待ち構えていた。布団を下ろすと、また次の宿舎へ向かう。

 「びん付け油と汗で汚れて、重さで綿はぺちゃんこに。場所が終わったら綿は打ち直し、(布団の)生地は処分することもあります」と、福岡営業所長の中島義友さんは話す。

 力士用は一般の布団よりタテヨ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら