[PR]

 経団連は4日、大手企業の冬のボーナス調査(第1回集計)を発表した。妥結額は平均92万7892円で前年冬より0・84%伸びた。第1回集計としては2年連続で過去最高。4年続けて伸びたが、伸び率は鈍化傾向にある。

 原則として東証1部上場で従業員500人以上の企業が対象で、今回は11業種71社(労組員数約48万人)が答えた。食品や自動車、紙・パルプなど6業種で前年を上回ったが、百貨店などの商業や造船など5業種は前年を割った。最も妥結額が多かったのは自動車の99万266円で、伸び率は1・01%だった。

 妥結額が4年連続で前年を上回るのは2004~07年以来。経団連は「製造業中心に業績との連動を強める企業が多く、好調だった昨年の業績を反映した」とみている。