[PR]

 食べると死に至ることもある猛毒を持つ「ウモレオウギガニ」(甲羅の幅4・5センチ)が、和歌山県南部のすさみ町沖でイセエビ漁の網にかかった。

 町立エビとカニの水族館によると、ウモレオウギガニは主に鹿児島以南のサンゴ礁の浅海に生息。和歌山ではめったに捕獲例がなく発見は珍しいという。

 11月に入っても水温は高めで、「またかかる可能性も」と水族館職員。「地元ではカニでだしを取るが、このカニでは絶対にやめて」と呼びかけている。