[PR]

菅義偉官房長官

 (インターネットでの番組の同時配信などをにらんだNHKの受信料徴収のあり方について問われ)放送をめぐる社会環境は大きく変化しているのは事実だ。そういうなかで、公共的見地に立って、必要な情報が十分に提供されるように、公共放送として果たすべき役割を示していくことが重要だ。

 こうした問題意識を踏まえて、現在、総務省の有識者委員による検討会において、NHKの在り方、そのものについて、業務や受信料、ガバナンスの三位一体の改革を進める方向で議論をされていると報告を受けている。受信料の問題についても、検討会での議論を踏まえ、総務省において具体的な改革方策について検討を進めていくのだろうと思う。(記者会見で)

こんなニュースも