[PR]

 福岡市のJR博多駅前で起きた大規模な陥没事故で、市は9日、崩落した道路について、14日中の仮復旧をめざす考えを明らかにした。原因究明に向け、専門家による検証も行う。現場周辺の電話やガスなどの生活インフラも14日までに復旧する見込みだが、陥没を引き起こした地下鉄工事の再開のめどは立っておらず、完成がずれ込む可能性がある。

 市営地下鉄七隈(ななくま)線の延伸工事(天神南―博多、1・4キロ)で8日に陥没した穴は、約30メートル四方、深さ約15メートル。市は8日昼過ぎからセメントを混ぜた土を穴に流し込む作業を24時間態勢で続け、9日に地下約3メートルまで埋め戻した。土が固まった後、ケーブルや土管などを埋め込む。14日の仮復旧後は車や歩行者も通れるようになるという。

 陥没の影響で8日に最大800…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら