【動画】清水寺の本堂は早ければ来春、素屋根で覆われ、当面「清水の舞台」の景色が変わってしまうという=金谷尚紀撮影
[PR]

 「清水の舞台」で知られる京都の世界遺産・清水寺の本堂(国宝)が早ければ来春、屋根修理の足場となる素屋根(すやね)で覆われる。修理中も参拝通路を確保し、舞台に立つことはできるが、右に舞台、左に京の街並みというおなじみの景色は当面見られなくなる。2020年の東京五輪までには修理を終えたいという。

 年間550万人が訪れる清水寺は奈良時代末の創建で、本堂は焼失後の1633年に再建された。08~20年度、国宝や重要文化財の16棟のうち9棟の大修理を進めている。これほどの規模の修理は再建以来で、予算は40億円。国が55%を補助する。子安塔(こやすのとう)や轟(とどろき)門など7棟ではほぼ終わり、本堂と釈迦堂の本格的な修理に入る。

 舞台は高さ約12メートル、幅約22メートル、奥行き約9メートル。明治中期の大修理や1950年のジェーン台風で屋根が傷んだ際のほか、64~67年に本堂を修理した。以来50年ぶりとなる今回は、主に屋根の檜皮(ひわだ)のふき替えや壁の塗り替えをする。素屋根は年明けから組み立て始め、徐々に本堂が覆われ、春先にはほとんど見えなくなるという。

 寺の森孝忍(こうにん)・法務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら