[PR]

 来年1月に米国の次期大統領に就任するドナルド・トランプ氏が10日、ホワイトハウスで現職のオバマ大統領と初会談し、円滑な政権移行に向けて協議した。トランプ氏はこれまでの激しい口調を改め、長く反目してきた両氏が融和ムードを演出した。

 会談は、大統領執務室で2人で約1時間半にわたって行われた。

 会談後、オバマ氏はトランプ氏と並び「次期大統領とすばらしい会話ができる機会を持てた」と記者団に語った。「会話は多岐にわたった。外交政策や内政についても話した」と明かした。トランプ氏がオバマ氏の政権チームと協力姿勢を示したことに「勇気付けられた」とまで述べた。

 任期満了まで残り約2カ月間で、円滑な政権移行に努めることが「最優先事項だ」とした。

 さらにトランプ氏に向けて、「我々はあなたが成功するため何でも手助けするつもりだ。あなたの成功が、この国の成功になるからだ」と語りかけた。

 トランプ氏も選挙戦からは一転し、オバマ氏を「とてもよい男だ」と呼ぶなど和やかな雰囲気に。「お互いに会ったことがなかった。私は(オバマ氏に)大きな敬意を持っている」とたたえた。

 「我々はあらゆる状況を話し合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら