[PR]

 阪急電鉄は十三(じゅうそう)駅(大阪市淀川区)に、転落を防ぐホームドアをつくる。関西の大手私鉄では最も早い2020年ごろの導入を見込む。阪神電鉄も22年度までに梅田駅(大阪市北区)につくる予定で、関西でも普及に弾みがつきそうだ。事故は全国で相次いでおり対策が求められていた。

 十三駅は神戸線、宝塚線、京都線が分岐していて、1日あたり約7万5千人が利用する。発着が頻繁で通勤時にはホームが混雑することもあって、転落防止用のドアを他の駅より先につけることにした。

 10億円程度かけて20年ごろまでに整備する。費用の一部は、自治体や国の補助金を期待している。

 阪急は十三駅の状況をみながら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら