[PR]

 被爆地・長崎を舞台にした映画「母と暮せば」(山田洋次監督)に主演した俳優の吉永小百合さん(71)が13日、広島市中区で開かれた広島国際映画祭に出席した。吉永さんは「映画の中で、最愛の息子の存在が原爆で消されてしまう。そういうことが絶対にないよう積極的に発信し、核兵器がない世界を願わないといけない」と語った。

 「母と暮せば」は、吉永さんが出演した119本目の映画。長崎の原爆で長崎医大生の息子に先立たれた母親役を演じた。この日は音声ガイド付きのバリアフリー版の上映後、映画館運営会社の蔵本順子社長とのトークショーがあった。

 「母と暮せば」で共演した息子役の二宮和也さんを吉永さんは「彼は天才です。セリフもばっちり覚えていますし。それを見て、母としてもしっかりしないと、と思いました」と絶賛。息子に先立たれる母の心境は「一生癒やされないこと。二度とそういうことが戦争によって起こることがないように、と思います」と述べた。

 原爆をテーマにした映画に初主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら