[PR]

 被災地をめぐって、ポケモンを捕まえよう――。人気ゲーム「ポケモンGO」と連携して、沿岸被災地への集客を図るイベントが12日、宮城県石巻市の中瀬公園であり、県内外から1万人以上が集まった。出にくいポケモンを見つけやすくなっており、普段、ひっそりしている石巻市の街中は人であふれた。

 このイベントは県が初めて企画した。ポケモンGOを使い、震災前の7割の水準にとどまっている沿岸部の観光客を回復させることが目的。運営会社ナイアンティックに相談したところ、同社は岩手、宮城、福島、熊本の被災4県で協力することを決めた。このイベントの期間に東北の3県でポケモンが出現しやすくした。

 この日は、「ポケストップ」と呼ばれる場所を参加者が選ぶ催しもあり、計230地点の申請があった。ポケストップはアイテムをもらえる場所でゲームを楽しむ人が集まりやすく、後日、審査をへて決まる。石巻市の自営業黒澤健一さん(45)は「風化しつつあるから、震災の記憶の継承につながる場所を選びました」と話した。

 人出の多さに市中心部に住む女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら