【動画】自動走行するバスを公道で走らせる全国初の実証実験
[PR]

 自動走行するバスを公道で走らせる全国初の実証実験が13日、秋田県仙北市の田沢湖畔であった。国の地方創生特区に指定されている同市と内閣府が主催。過疎と高齢化が進む地域の足の確保や観光振興に向け、政府は2025年をめどに実用化をめざしている。

 実験は、内閣府がIT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)に委託し、フランス製の電動無人運転バス「ロボットシャトル」(着席6人、立ち乗り6人の計12人乗り)を使って実施された。田沢湖東側の県道400メートルを全面通行止めにして時速約10キロで4往復し、山本幸三・地方創生担当相や門脇光浩・仙北市長、市民約60人が試乗。公道での無人運転は全国で初めて。

 バスは、事前にルートを設定し、車載のGPSやセンサーを使って無人で走行する。車内に運転席やハンドルはなく、見た目は前後の区別がないのが特徴だ。

 試乗した山本氏は「この技術が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース