[PR]

 山形地裁鶴岡支部(山形県鶴岡市)で11日に開かれた刑事裁判中、証人尋問に答えていた被害者の40代女性に被告が詰め寄った事件で、山形県警は17日、女性にけがを負わせたとして、住所不定、無職石川志信容疑者(40)=監禁などの罪で起訴=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。

 酒田署によると、石川容疑者は11日午後4時15分ごろ、自らの裁判中、証人の女性の背後から右腕を回して首付近を絞めたり、左手で女性の髪をわしづかみにしたりして、首の捻挫や背中の打撲など約2週間のけがを負わせた疑いがある。

 ついたてに囲まれた位置で証言していた女性と石川容疑者との距離は数メートル。刑務官2人が石川容疑者を挟んでいたが、手錠や腰ひもは外されていたという。