[PR]

 岐阜市茜部(あかなべ)本郷2丁目の竹内勝利さん(73)宅で17日、住人とみられる男女3人の遺体が見つかった問題で、勝利さんの長男の利和さん(43)とみられる遺体は、死後から1週間程度過ぎていることが、捜査関係者への取材でわかった。遺体はやせ細っており、岐阜県警は餓死の可能性もあるとみて調べる。

 家に住んでいたのは、勝利さんと妻の由美子さん(71)、利和さんの3人。捜査関係者によると、南西の部屋で見つかった夫婦とみられる遺体は、肩を寄せ合うようにして仰向けで倒れており、ともに死後1カ月程度とみられるという。

 また、市地域包括支援センターの職員が9、10月に竹内さん宅を訪れ、高齢者向けの介護保険サービスを案内したところ、勝利さんが利用を拒否していたことがわかった。

 センターや市によると、竹内さん宅の地域の交番から「ご近所トラブルなどがあるので、市も関与してほしい」と依頼を受け、センターの職員が介護保険の申請書を持参して自宅を訪問したが、勝利さんは「必要ない」「大丈夫」などと言って断ってきたという。

 職員は10月以降も数回、竹内さん宅を訪れたが、応答がなかったため、11月に入って交番に連絡。17日に警察官が遺体を見つけた。

 県警は18日午前、竹内さん宅の現場検証を始めた。今後、遺体の身元の確認を進めるとともに、19日に司法解剖をして、詳しい死因を調べる。