20日午前7時40分ごろ、秋篠宮妃紀子さまや長男悠仁さま、宮内庁職員ら計6人が乗ったワゴン車が、相模原市緑区の中央自動車道下り線で追突事故を起こした。けが人はなかった。

 警視庁高速隊によると、ワゴン車を運転していたのは、宮内庁の30代の男性職員で、渋滞の最後尾で止まっていた50代男性の乗用車に追突したという。事故の衝撃でワゴン車のバンパーに亀裂が入った。関係者によると、紀子さまや悠仁さまは私的な外出で、友人らとともに相模湖方面に向かっていたという。

 現場は片側2車線で、ほぼ直線だった。