【動画】世界遺産登録から20年を迎える原爆ドーム。広島市の許可を得て内部に入った=上田幸一撮影
[PR]

 核兵器の惨禍を今に伝え、核廃絶のシンボルとなった原爆ドーム(広島市)が12月7日、世界遺産の登録から20年を迎える。朝日新聞社は今月、市の許可を得て、普段は立ち入りが制限されているドーム内を撮影した。被爆による損傷に加えて老朽化も目立つが、永久保存に向けた取り組みも続いている。

四方八方に支柱

 原爆ドームは広島市中心部を流れる元安川沿いにある。正面玄関から裏に回ると、爆心地に近い建物東側には「塀」のように見える外壁が続いていた。被爆するまでは3階まであった壁は現在、1階部分しか残っていない。記者らは今回、崩れた外壁のすき間からドーム内に入った。

 ドームは101年前、広島県物産陳列館として完成。チェコの建築家ヤン・レツルが設計した3階建てれんが造りの洋館だった。2、3階部分は被爆時の爆風で崩れ落ちたため、足元には無数のれんがやがれきが積み上がっていた。南側に残る鋳鉄製のらせん階段が往時の姿をしのばせるが、熱線を浴びたためか一部が曲がったまま3階まで延びていた。

 中庭を横切り、かつては階段室だった正面中央部分へ。高さ約25メートルの楕円(だえん)形のドーム(長軸約11メートル、短軸約8メートル)の真下は内壁のしっくいが失われ、赤黒いれんががむきだしになっていた。壁面に一定間隔で空いている穴から各階の床の高さが想像できる。見上げると、鉄骨の骨組みだけになったドームの円蓋(えんがい)から空が見えた。

 1945年8月6日朝、ドーム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら