[PR]

 気象庁によると、震源は福島県沖の深さ25キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4。2011年3月11日の東日本大震災の余震とみられる。

 気象庁は午前6時2分に福島県に津波警報を発令。12年12月に宮城県三陸沖で起きた地震以来の津波警報となった。東北から関東までの太平洋岸に津波注意報を発令した。東北から伊豆諸島にかけての広い範囲で津波を観測し、宮城県の仙台港には午前8時3分、高さ1・4メートルの津波が到達した。予想(1メートル)を上回って津波警報の基準(1メートル超)を超えたため、午前8時9分に宮城県にも津波警報を発令した。

 気象庁は午後0時50分までに全ての津波警報、津波注意報を解除した。

 東北ではこれまでも年1回程度はM7クラスの余震が起きている。今回は地震の規模が比較的大きく、震源が浅いことや、断層が上下にずれたことから津波が発生したとみられる。中村浩二・地震情報企画官は「今後1週間程度、M7クラスの地震が起きる可能性がある」と説明している。