【動画】津波が押し寄せ、逆流する砂押川=宮城県警提供
[PR]

 宮城県石巻市は午前8時5分に沿岸部に避難指示を出し、31カ所に避難所を設けた。石巻湾を見下ろす高さ56メートルの日和山公園には、地震発生直後から市民が車で次々と避難してきた。「高台に避難せよ」と防災無線が流れるなか、海岸や旧北上川を不安そうに見守っていた。

 市内の水産加工会社の契約社員女性(32)は、日和山のふもとに10月に完成した災害公営住宅(復興住宅)から歩いて避難した。「高台の仮設住宅を出て、復興住宅の2階に入居したばかり。もう津波で何も失いたくない」と声を震わせた。

 日和山から約800メートル海側の低地にあった実家は、5年半前の津波で跡形もなく流され、一緒に暮らす父親(当時67)を失った。以来、地震に敏感になり、津波の恐れがあるたびに日和山に避難している。「慌ててしまって財布を持ってくるのを忘れた。でも山を下りて取りには行けない。早く安心したい」と困った顔で、津波情報を伝える携帯電話のテレビ画面に見入っていた。

 仙台市宮城野区の仙台港近くの「但野鈑金(ばんきん)塗装工業」では、自社敷地に建てた高さ15メートルの「避難タワー」に、近くの工場の従業員も含め約30人が避難。港から約600メートルの工業地帯にあり、5年半前の震災では4メートル近い津波に襲われ、整備工場が水没した。その教訓から昨年10月、自社でタワーをつくっていた。

 仙台・塩釜港を管轄する宮城海上保安部は午前6時、停泊中の船にファクスや電話で避難準備を呼びかけ、津波警報に切り替わった午前8時12分には港外に避難するよう勧告した。5千トン以上の貨物船やフェリー約20隻が停泊しており、多くは港外に退避した。塩釜市魚市場近くの漁港では、地震発生を受けて沖へ避難する漁船もあったが、午前9時すぎには岸壁へ戻る船も。船員の一人は「沖で20センチぐらいの津波を感じたが、大したことはなかった」と話した。

 沿岸部を走る在来線の運転見合わせで、仙台市のJR仙台駅では、多くの通勤、通学客が改札口前で運行再開を待った。午前8時10分ごろ、駅員が「津波警報が発令されたため、しばらく運転を再開することができないと見込まれます」とアナウンスすると、多くの人が駅員に状況を問い合わせたり、遅延証明書を受け取ったりしていた。

 多賀城市に住む県立高校1年の男子生徒は、臨時休校になり自宅にいた午前8時半ごろ、外が騒がしくなったため3階の窓からすぐ近くを流れる砂押川を見た。「来るぞー」という叫び声とともに、濁った水が泡を立てながら逆流してきた。「すごくびっくりして、動画を友だちに送った」