[PR]

 兵庫県たつの市内の倉庫で昨年6月、拳銃5丁と実弾数十発が見つかり、兵庫県警が指定暴力団神戸山口組系の組員、山崎基之容疑者(52)=京都市=を銃刀法違反(加重所持)容疑などで21日に逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は22日に山崎容疑者を送検し、拳銃の入手経路を詳しく調べている。

 捜査関係者によると、山崎容疑者は神戸山口組の直系組織「宅見組」幹部で、傘下団体の組長。昨年6月、たつの市内の貸倉庫に拳銃と実弾を隠し持っていた疑いがある。県警が家宅捜索して発見、押収し、捜査を進めていた。

 兵庫県内では今年7月にも姫路市内の民家で拳銃5丁と散弾銃、実弾約80発が見つかり、指定暴力団山口組系の組員が起訴された。