[PR]

 中国で、香港の企業が「OKAYAMA」の名称を商標出願していることが県の調べでわかった。県などは中国商標局に異議を申し立てたが、これとは別に「岡山」を示すローマ字など計5件が登録済みであることも判明した。「岡山」の名称がなぜ、中国で商標の対象となっているのか。

 今回、出願が確認されたのはローマ字の「OKAYAMA」という名称。香港の電子機器関連会社が昨年10月に商標出願し、審査を通って今年9月に公告されていた。

 公告の期間中、3カ月以内に異議申し立てがない場合は認可登録となり、出願した企業や個人に10年間の商標権が認められる。

 このため、県や県商工会議所連…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら