[PR]

 「ロウソクはロウソクにすぎない。風が吹けば全て消える」

 朴槿恵(パククネ)大統領の辞任を要求する「ロウソク集会」に対して、与党セヌリ党のある国会議員が言った言葉だ。ソウルを含む韓国各地では今、毎週土曜に大規模な集会が開かれている。

 この国会議員の発言をあざ笑うかのように、多くの参加者たちはロウソクの代わりに、電池を使った装飾用ロウソク形のLEDライト(価格は1千~3千ウォン、日本円で約100~300円)を掲げて街頭に飛び出した。

 「私たちのロウソクは決して消えない」というプラカードも、あちこちで見かけた。

 「ロウソク集会」の多くは、「抗議」や「追悼」などがその趣旨だ。夜間に公共の場所でロウソクの灯をともす平和的な集まりを意味する。

 韓国メディアによれば、韓国に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら