[PR]

 千葉市の中心街で存在感を示してきた千葉パルコ(中央区)が30日、40年の歴史に幕を下ろした。近くの三越千葉店も来春に閉店の予定で、中心街を巡る環境が大きく変わろうとしている。街のにぎわいを失わないための新たな魅力の創出が求められている。

 「40年間、千葉パルコを愛して頂きありがとうございました」

 最終日の夜。上田昭二店長は、閉店セレモニーで深々と頭を下げ、玄関の扉が閉められた。

 この日、閉店セールに訪れた客からは惜しむ声が聞かれた。

 中学・高校時代によく来たという、千葉市中央区の会社員男性(29)は「学生時代によく来た。寂しい。閉店すると聞いて、来ずにはいられなかった」。

 同市稲毛区の白石豊子さん(82)は、16年前に亡くなった夫に、ここでプラチナのネックレスを買ってもらったという。「この辺りはふるさとみたいなもの。若い頃の思い出がたくさん詰まっている。千葉が変わっていく。私たちの時代じゃなくなった」と話した。

■巡回バス・門前町構想推進へ …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら