[PR]

 東日本大震災の復旧工事の一般競争入札に絡み、設計金額などを業者に伝え、飲食などの接待を受けたとして、山形県警は28日、農林水産省九州農政局西諸農業水利事業所付、白谷光市容疑者(58)=宮崎市清武町=を加重収賄容疑で、土木建設会社開成工業(本社・熊本市)の広島営業所長、古閑大己容疑者(54)=広島市安佐北区亀山9丁目=を贈賄容疑で逮捕し、発表した。

 捜査2課によると、逮捕容疑の入札は宮城県亘理町の海岸で排水などをするゲートの復旧工事をめぐるもので、2014年11月に実施された。当時、この工事を所管する東北農政局の出先事務所の課長だった白谷容疑者は入札前、設計金額や参加業者などを古閑容疑者に伝え、見返りに同年11月~15年4月、仙台市内で複数回、飲食や宿泊で計十数万円の接待を受けた疑いがある。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 復旧工事の予定価格は約9600万円。計5社が入札に参加し、開成工業が約9千万円で落札した。東北農政局によるとゲートは今年1月に完成したという。