[PR]

 盛岡市で回収された野生のオオハクチョウ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出た問題で、県は28日、北海道大での確定検査の結果、検体から「高病原性鳥インフルエンザウイルス」(H5N6亜型)が検出されたと発表した。

 検出されたのは、秋田市の大森山動物園で確認されたものと同じ型のウイルスで、高病原性は県内初。すでに環境省はオオハクチョウが回収された高松の池から半径10キロ以内を野鳥監視重点区域に指定しており、今後、現地調査のためのチームを派遣する。

 県は同日、関係機関と会合を開き、農場で発生した場合の対策などを確認した。県は渡り鳥の飛来地での監視を強化しており、現時点で異常死が疑われる個体は確認されていないという。県は未感染の野鳥や鶏などの家禽(かきん)への感染を防ぐため、野鳥への餌付けを控えるよう呼びかけている。(金本有加)