[PR]

 「ATM(現金自動出入機)でカネを下ろすバイトがあるんやけど、やらん? 報酬は2万~3万円くらいじゃないか」

 5月14日夕方。きっかけは高校時代の友人からの電話だった。1カ月ほど前に街中で偶然会い、連絡先を交換していた。

 福岡県の男性(25)は定職には就いていたが、10万円ほど借金を抱え、遊ぶ金もほしかった。「暴力団が関わっている」とも聞かされたが、深く考えずに引き受けた。

 翌15日午前3時。友人に言われた通り、帽子とマスクを持って郊外のコンビニに向かった。駐車場には友人の他に知らない男2人がいた。向かった先は福岡・中洲。友人は「俺は帰る」とついてこなかった。

 大通りに面したおしゃれなカフェに入ると、別の男2人がいた。1人はプロレスラーのような体格、もう1人は細身だが目がぎょろつき、長袖から伸びた手に入れ墨が見えた。「もう断って済む話じゃない」。そんな雰囲気を感じた。

 「自分たちも頼まれた仕事なんです」。そう話す男たちの指示は具体的だった。①カードを入れたら言語選択で「日本語」、次に「キャッシング」を選ぶ②暗証番号を入れて10万円引き出す③出金は1枚20回まで。

 店の前には車が2台止まり、男が5人ほど降りてきた。「まずは福岡中央郵便局のATMに行く」。3台に分乗した。

 午前5時、空はまだ暗かった。

     ◇

 全国17都府県のコンビニエンスストアのATMで5月、現金約18億円が不正に引き出された事件。末端の引き出し役(出し子)だった男性が朝日新聞の取材に一部始終を語った。

コンビニ転々「セブンが穴」

 まだ夜が明けきらない5月15日午前5時。男性(25)が乗った車は福岡市の中心街、天神にある福岡中央郵便局のATMをめざして走っていた。

 車内には他に、二十歳前とみら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら