[PR]

 国立がん研究センターなどは29日、人工知能(AI)を用いたがん医療システムの開発プロジェクトを始めると発表した。AIを活用し、患者に最適な治療を選ぶ「プレシジョン医療」の提供などを目指す。今後5年間で実用化のめどをたてる方針だ。

 プロジェクトは産業技術総合研究所、AIベンチャーのプリファード・ネットワークス社(東京都)との共同で、3億8千万円かけて進める。

 同センターが蓄積している患者の臨床データや遺伝子情報、CTなどの画像情報などをデータベース化し、AIで統合的に解析する。患者の遺伝子情報などから抗がん剤の効果や副作用などを予測する技術や、画像診断時に医師の見落としを防ぐ技術、放射線治療で最適な照射方法などを提案する仕組みの開発を目指す。

 研究代表を務める浜本隆二・同…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも