どうかあの建物を大切にして下さい――。和歌山県新宮市立神倉小学校(児童528人)に、こんな「お願い」が書かれた一通の手紙が届いた。差出人はアニメ映画監督の宮崎駿さん(75)。旅行で立ち寄ったときに目にした、木をふんだんに使った体育館(屋内運動場)のたたずまいにひかれたのだという。

 スタジオジブリや学校によると、宮崎さんが新宮市を訪れたのは11月8日。ジブリの社員旅行で熊野地域を回るなかで、神倉神社・ゴトビキ岩をスタッフ一行で見学した。そのとき鳥居のそばから見えた、雨の中に立つ体育館の姿に一同が魅せられ、学校を訪れて由来を尋ねたのだという。

 時刻は夕方で児童はすでに下校していて、宮崎さんらと子どもたちとの交流はならなかったが、居合わせた教職員ら約10人で突然のゲストを迎え、記念写真を撮るなどしたという。

 数日後に宮崎さんから学校宛てに届いた手書きの手紙には、急な訪問について「見事な講堂に、がまん出来ずに失礼しました」と書かれ、最後に「どうかあの建物を大切にして下さい。子供達に、巨大な木造建築物をのこそうとした人々の努力を伝えて下さい」と記してあった。

 神倉小学校は2012年に丹鶴小、千穂小を統合する形で千穂小敷地に誕生した。その際、校舎は新築されたが、体育館は千穂小時代のものが引き継がれた。校庭に面した壁一面に木板が張り付けられ、寺社の巨大倉庫のような外観をしているのが特徴だ。

 山本真也校長は「立ち寄って頂いただけで大変な記念なのに、手紙まで頂いて感激している。一期一会を大切にされている人なんだとわかった」と話す。手紙は児童の目に触れるように廊下に張り出している。(東孝司)