国賓として来日したシンガポールのトニー・タン大統領と夫人を歓迎する宮中晩餐(ばんさん)会が30日夜、皇居・宮殿で開かれた。天皇、皇后両陛下が主催し、皇太子ご夫妻ら皇族方が出席。女性皇族方は色とりどりのドレス姿で、周囲の注目を集めていた。

 秋篠宮家の長女眞子さまはエメラルドグリーンのロングドレス。次女の佳子さまはスパンコールをあしらったクリーム色のロングドレスをまとい、お二人とも髪をアップにまとめていた。佳子さまは右手の薬指に指輪、首にはきらびやかなネックレス、イヤリングを身につけ、上品な雰囲気で、天皇陛下、大統領がスピーチする際は、お二人の方を向いてじっと聴き入っていた。

 皇后さまは上半身が白、下半身が黒のドレスで、気品あふれる落ち着いた装い。皇太子妃雅子さまは黒のドレスに金のブローチが輝き、シックな印象だった。秋篠宮妃紀子さまは緑色のドレス、彬子さまは若草色のドレスが映えていた。

 10月に開かれたベルギー国王夫妻を歓迎する晩餐会では、眞子さまと佳子さまは、ともにエメラルドグリーン系のドレスにティアラとネックレス姿だった。