[PR]

 車の修理名目で声をかけた女性の足を長時間なめたとして、京都府警は30日、京都市伏見区の配送業、西山彰容疑者(56)を暴行の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 生活安全対策課によると、西山容疑者は9月16日午前9時ごろ、同市伏見区の駐車場で、外出先から帰宅途中だった30代女性に「ブレーキランプが故障したので修理を手伝ってほしい」などと声をかけて運転席に座らせ、約20分間、足の裏をなめたり、歯を当てたりした疑いがある。女性は「気持ち悪かったが、怖くて逃げられなかった」と話しているという。

 府警は、同様の被害が周辺で相次いでいることから「足なめ男」と名付けて捜査。同様の手口で20代の女性の足を長時間なめるなどしたとして、西山容疑者を強制わいせつ容疑で11月7日に逮捕し、京都地検は29日に同罪で起訴した。

 府警によると、京都市や隣接する京都府向日市で同様の被害に遭ったという相談が約50件寄せられているといい、関連を調べる。