ダイハツ工業は30日、前方に歩行者がいると自動でブレーキをかけるようにした軽自動車「タント」を発売した。歩行者に対応した自動ブレーキはダイハツでは初めてで、軽ではスズキのシステムに次ぐものだ。事故を防ぐシステムは高齢者や女性を中心に要望が強く、軽でも充実させる動きが広がっている。

 ダイハツのこれまでの衝突回避のシステムは、歩行者については警告音を出す機能だけだった。今回から車と歩行者との速度差が約30キロ以内なら、警告音に加えて自動でブレーキが作動し、止まるという。歩行者の急な飛び出しには対応できず、逆光や悪天候時は作動しないこともある。

 障害物を検知する精度が高い複眼カメラを新たに採用したことで、歩行者との距離が正確に測れるようになった。カメラはデンソー製で、左右の間隔が80ミリと車載用では世界最小だという。フロントガラスの上部に設置しても、運転手の視界の邪魔になりにくいとしている。

 衝突回避のシステムは、すべて…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら