[PR]

 神奈川県警相模原南署は30日、女子高生にひわいな音声を聞かせたとして、東京都町田市の会社員の男(26)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕し、発表した。「女子高生に興味があり、性的欲求を満たすためにやった」と容疑を認めているという。

 署によると、男は7月下旬から10月3日までの間、計8回にわたり、自転車で通学中の女子高生計8人の横を自動車で並走し、車のカーステレオから女性のあえぎ声を大音量で流した疑いがある。音声はインターネットで入手したという。中には複数回音声を聞かされた女子高生もいて、学校に相談が寄せられていた。