[PR]

 阪神・淡路大震災の当日に兵庫県・淡路島で産声を上げた力士、照強(てるつよし、21)=本名・福岡翔輝=が1日、出身地の同県南あわじ市の市役所を訪れ、九州場所の幕下優勝と新十両昇進を報告した。被災者を照らす太陽のような存在に――。そんな思いで力士になった青年は来年1月17日を初めて関取として迎える。

 あの日、照強は南あわじ市の隣にある洲本市の病院で生まれた。震源から近い街。母親の菊井真樹さん(43)によると、救急車のサイレンが鳴り響き、余震の不安を感じるなかでの出産だった。

 幼い頃はよく風邪をひき、病気がちだった。柔道を習って体を鍛え、小学4年の時に地元の神社であった相撲大会で好成績を収めた。真樹さんは「ずっと相撲を続けたい」と話す息子の願いを聞き入れ、地元の相撲道場へ通わせた。

 中学時代に全国大会に出場する…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら