現在の地上波デジタル放送より高画質な「4K・8K」の試験放送に1日、民放テレビ局が参加し、東京都内で記念式典があった。衛星(BS)放送を使い、放送局や電機メーカーでつくる業界団体の放送サービス高度化推進協会(A―PAB〈エーパブ〉)が行う。NHKは8月に試験放送を始めている。

 4K・8K放送に対応した受信機はまだ市販されておらず、試験放送は全国のNHK放送局などにある専用テレビでしか見られない。2018年秋の本放送開始までに受信機や対応テレビが売り出される見通しだ。

 都内での式典では、午前10時の放送開始を前にカウントダウン。電車が田園風景を走る映像が映し出されると拍手がわき上がった。試験放送はNHKとA―PABが行い、A―PABは1日1時間程度、風景や美術館などの4K・8K映像を放送する予定だ。