IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は1日、健康・医療情報サイトの「WELQ(ウェルク)」に続き、インテリア情報の「iemo(イエモ)」など八つのサイトの公開を中止した。社外筆者にマニュアルを示して執筆を依頼するなど、ウェルクと同じ手法で記事をつくっていたという。

 守安功社長が同日、ウェルクを含む9サイトで会社からライターへの指示があったことを認め、マニュアルの内容について「他サイトからの文言の転用を推奨していると捉えられかねない点があった」などとするコメントを発表。自身の報酬を6カ月間、30%減額することも明らかにした。

 同日から公開をやめたのはイエモのほか、妊娠・子育て情報の「cuta(キュータ)」や旅行情報の「Find(ファインド) Travel(トラベル)」など。同社がもつ10の記事サイトのうち、ファッション情報の「MERY(メリー)」以外はすべて非公開となった。

 9サイトはいずれも、誰もが投…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら