[PR]

 前回2015年を含む過去3度W杯に優勝したラグビーの強豪で、オールブラックスの愛称でも知られるニュージーランド代表の選手9人が1日、東京駅丸の内駅舎前に設けられた特設会場で、子どもたちと交流した。

 オールブラックスは米国と欧州への遠征後、PRの一環で来日した。スポンサーの大手保険会社AIGグループが、19年ラグビーW杯を盛り上げようと企画。イベントには、お茶の水小学校の5、6年生約80人が参加し、身長約185センチを超える大男たちに見守られながら、タックルやボールを使ってのトライ体験などを楽しんだ。

 5年生の渡辺壌之丞(じょうのすけ)君は「選手たちはすごく大きくて存在感がすごかった。W杯見に行きたいです」と話していた。(西畑志朗)