[PR]

 英国で、元プロサッカー選手が1980年代に所属したイングランドのユースチームの男性コーチから性的虐待を受けたと実名で告発したことをきっかけに、20人以上の元選手らが被害を訴え出て、英サッカー界を揺るがすスキャンダルに発展している。

 11月16日、元2部リーグ選手のアンディ・ウッドワード氏(43)が、イングランド中部クルーが拠点のサッカークラブ「クルー・アレクサンドラ」のユースに所属した11~15歳の4年間に、男性コーチからレイプを含む性的虐待を受け続けた過去を英ガーディアン紙(電子版)に語ったのが騒動の発端。ウッドワード氏は翌17日に英BBCにも出演し、「ほかにも大勢の被害者がいると思う。自分が名乗り出たことで彼らに力を与えたい」と涙ながらに語った。

 これをきっかけに、元チームメートらも「キャリアや人間関係を壊された」と次々に名乗り出た。

 もっとも被害の訴えが多いのは…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら