天皇、皇后両陛下は2日、迎賓館赤坂離宮(東京都港区)を訪れ、国賓として来日しているシンガポールのトニー・タン大統領とメアリー夫人にお別れのあいさつをした。

 宮内庁によると、大統領から両陛下の心遣いやおもてなしに感謝の意が伝えられた。大統領は、独立直後から日本の企業や人々から仕事や技術などを学んできたとし、「今日の基盤は日本の支援によるもの」と述べると、天皇陛下は「シンガポールが国民の努力により、1人あたりの所得が日本を超えるまでに発展したことに深い敬意を表します」とこたえた。

 シンガポールから国賓が来日するのは3回目で、2009年5月のナザン大統領夫妻以来。今年は両国の外交関係樹立50年にあたる。